経験と実績のCAD/BIM運用支援

ーBIMオペレーターの人材教育ー

ARCHICAD講座

SCROLL

eラーニングでARCHICADを習得

建築および建設のインフォメーション・マネジメント・ソリューションのリーディングプロバイダーであるグラフィソフト(GRAPHISOFT®)が提供する、BIMソフトウェア「ARCHICAD®」。グラフィソフトの中核製品であるARCHICAD®は、建築設計のあり方を変える革新的なソフトウェアとして設計者のアイデアに直感的に応え、日本国内のみならず世界中の建築デザイナーに愛され100万を越えるプロジェクトの実績をもっています。
ヒューマンアカデミーの「ARCHICAD講座」は、グラフィソフト認定トレーナー(GAT)による公開講座、企業や大学・専門学校向け研修(講師派遣)、eラーニングの3つのスタイルをご用意しています。中でもインターネットを利用するeラーニングは、時間や場所の制約を受けずに自席などで受講できるため、バックグラウンドやキャリアが異なる方々向けの技能習得トレーニングに適しています。

eラーニングで受講する3つのメリット

第一線の講師が指導、一定水準の学習効果を維持

集合型研修では、講師の質が教育効果が左右する場合がありますが、eラーニングでは、すべての人が同じ内容を受講することになります。講師の質やその時の環境などに左右されず、一律の内容を習得することができます。

受講者の進捗状況や理解度をリアルタイムに把握

eラーニングは、受講者の理解度や進捗度が容易に管理できます。受講者自身はもちろん、管理者も理解度や進捗度をリアルタイムまたはダッシュボードで把握することができるため、効果的にフォローアップできます。

時間と場所の制約がなく習得するまで繰り返し受講が可能

eラーニングは、受講者が自身の都合の良い時間に学習できます。理解度に合わせて何度も繰り返し学ぶことができるので、高い教育効果が期待できます。さらに、インターネット環境があれば、場所の制約を受けずに自席での受講も可能です。また、運営面でも、会場の手配や印刷物の準備などに時間と手間、コストをかけずに済みます。

eラーニングで学習中の人

講師紹介

新 貴美子(あたらし きみこ)講師

1971年大阪生まれ。ATELIER NEWS 代表。個人の建築設計事務所で勤務後、2001年、ATELIER NEWSを設立し、おもに住宅設計や店舗設計に携わる。2011年、 BIM LABO設立メンバーに参画し、設計業務と並行しながらBIMコンサルティングも担う。GRAPHISOFT社認定のGRCメンバーでもある。

20数年前、設計事務所に勤めはじめた頃は手書きで設計図を描いていましたが、数年後、モデルを見ながら設計検討ができるARCHICADに出会った所長のおかげで、所員時代から独立した今現在もARCHICADで設計図を描き続けています。

今回のARCHICAD講座には、ARCHICADを使い続けている仲間と私とが実務の中で見つけた操作のコツや、楽しい!と思えるノウハウを詰め込みました。

カリュキュラムの内容は、ARCHICADの押さえておきたい基本設定と操作から始まり、プレゼンテーション機能の楽しさを知ってもらい、続いて詳細を検討するためのモデリング方法、チームでBIM設計をおこなえる便利な機能やデータ連携について学べる構成としています。

実際の設計の進捗とも合わせたカリュキュラムとしているので、ぜひこの学習の流れの中でBIM設計を習得して、実務で活用してください。

カリキュラム

ARCHICAD講座 入門編 *企業内研修のみ

  • 入門書『ARCHICAD Magic』のテキストを使い、簡略化した建物を作成しながら建築設計の基礎知識を習得する
  • トレーニング課題を作成することでBIMソフトの基本操作を理解する

対象
  • ARCHICADもしくはBIMソフトの導入を検討中の方
  • BIMソフトを初めて使用する方
所要時間
  • 1教程あたり 6.0H
教程内容
1建築知識
① 基本用語
② 図面の種類
③ 図面の読み方
作成図面例

ARCHICAD講座 企画設計編

  • BIMでできること、BIMのワークフロー
  • BIMガイドラインについて
  • 企画設計モデルの各種設定
  • 主なツールのモデリングの基礎
  • 企画設計モデルの入力
  • 外部データのリンク、図面作成

対象
  • 建築設計の知識または実務経験を有する方
  • 2次元CAD操作経験者
  • 「ARCHICAD講座 入門編」修了者
所要時間
  • 1教程あたり 6.0H
教程内容
11. 基本概念
① BIMでできること
② モデリングから図面へ / BIMワークフロー
2. 基本操作
① 画面構成
② ARCHICAD用語と概念
③ 壁ツールで基本操作
3. 演習モデル紹介の紹介(企画設計編、基本・実施設計編)
4. BIMモデルの目的とモデリングルール
5. 基本属性
① レイヤー設定
② ビルディングマテリアル
③ モデル表示
6. 基本設定
① ダイアログボックス(組立要素、ライブラリ)の各構成と特徴
② 主なツールの特徴
③ 編集補助機能(スナップガイド、参照線)の操作
2基本モデリング
① フロアと通り芯
② 柱と梁
③ 壁
④ 建具
⑤ 床と階段
⑥ 2階と3階の作成
⑦ 4階と5階とR階の作成
⑧ カーテンウォールと低層棟
⑨ BIMx
⑩ レンダリング
⑪ 面積表の作成
⑫ 図面の作成
⑬ レイアウト
作成図面例

ARCHICAD講座 基本・実施設計編1

  • 企画設計モデルから基本設計モデル、実施設計モデルへのデータ移行
  • 実施設計モデルから各種詳細図の作成
  • 設計実施図書の作成

対象
  • 2次元CAD操作経験者でARCHICADのインターフェイスをある程度理解している方
  • 「ARCHICAD講座 企画設計編」修了者
所要時間
  • 1教程あたり 6.0H
教程内容
11. 各フェーズに必要な属性設定
① ペンセット
② ビルディングマテリアル
③ 複合構造
④ 属性マネージャーファイルの作成
2. 実施設計モデルへのデータ移行
① 属性の追加
② モデル表示のインポート
③ 詳細図ビューの一括作成(フォルダのクローン機能)
3. 詳細モデルの作成 -1
① 詳細の複合構造モデルに変更
② 断面形状の作成
4. 詳細モデルの作成 -2
① 詳細モデルを整える便利な機能
② 各部位の詳細モデリング(柱、開口部、バルコニー床、巾木等)
2詳細図の作成とレイアウト
① 詳細図ビューの作成(平面詳細図、断面詳細図)
② 各ツールを使った詳細図の作成(展開図、天井伏図、部分詳細図、建具表)
③ 実施設計図書の作成(マスタレイアウト、図面番号、PDFの作成)
作成図面例

ARCHICAD講座 基本・実施設計編2

  • オブジェクト作成
  • 詳細レンダリング
  • リンクするための外部データ作成
  • チームワーク作業
  • テンプレート作成
  • 各種作業環境の設定

対象
  • ARCHICADの基本機能、基本操作を理解している方
  • 「ARCHICAD講座 基本・実施設計編1」修了者
所要時間
  • 1教程あたり 6.0H
教程内容
1実践 -1
① ライブラリの作成
② 詳細なレンダリング設定と材質について
③ モルフツールをつかう
④ ホットリンクモジュールについて(ガイドライン使用)
2実践 -2
① チームワーク
② テンプレートの作成
③ 属性マネージャーファイルの作成
④ モデル表示の作成
⑤ 作業環境設定(データ保護、ショートカット)
⑥ 作業環境プロファイルの保存と適用
⑦ 各種変換設定(DXF / DWG変換設定)
作成図面例


教材の写真
使用教材
『ArchiCADではじめるBIM設計入門 [企画設計編]』
『ArchiCADではじめるBIM設計入門 [基本・実施設計編] 』

『ARCHICAD BIMガイドライン』に沿ってBIMモデルを解説。
1つのモデルからさまざまな情報を取り出せるBIMならではのテクニックが詰まっています。

受講料
(消費税別)
ARCHICAD講座時間数1人あたり
企画設計編12.0H48,000円
基本・実施設計編112.0H48,000円
基本・実施設計編212.0H48,000円

eラーニング利用規約/動作要件

企業内研修(講師派遣型 / 通学型)

同じBIMトレーニングでも企業によってアプローチを変えたり、講師と一緒にオリジナルで研修プログラムを構築したり、人の数だけ成長の形があるからこそ、企業の数だけサービスの形があります。ご要望に合わせてカスタマイズいたします。

講師紹介

佐嵜 知香子(さざき ちかこ)講師

ヒューマンアカデミーで建築製図、CADを習得後、大手ゼネコンに就業、主に公共工事の建築・土木図面を担当する。現在はフリーランスで設計図面・パース作成を受託する他、大学、専門学校にてCAD、製図、CGデザインの授業を担当する。グラフィソフト認定トレーナー(GAT)。

ヒューマンアカデミーのARCHICAD講座にはeラーニングと企業内研修の2つがあります。

eラーニングは繰り返し見ることができるので、疑問に思ったことや忘れてしまったことがあったときなどにも繰り返し視聴できます。

また、企業内研修はライブならではの臨場感があり、カリキュラム内容の他に、その場その場での「こういうことを知っておくといいよ!」という“お得な”情報を得ることができます。

受講者の方の経験、スキル、目的や会社が期待する成果、環境等に合わせて学習方法を選んでいただけます。

BIM元年からもうすぐ10年、今後、BIMはさらに活性化していきます。受講者の皆様のスキルアップのお手伝いをさせていただければ幸いです。


安松 一雄(やすまつ かずお)講師

日本大学大学院工学研究科修士課程(建築学専攻)修了。
青年海外協力隊マラウィ共和国派遣、家具店増改築部門や百貨店室内装工部門などを経て独立、庵デザイン1級建築士事務所代表。専門学校非常勤講師。海外招待講師としてマレーシア3大学で夏期講習、Malaysia International InteriCAD Interior Design Award2011&2012海外審査員、ヒューマンアカデミー講師歴17年。グラフィソフト認定トレーナー(GAT)。

ARCHICADはBIMという言葉が広く使われる以前の1982年に開発が始まり、1994年には日本で発売されるようになった、世界的に広いシェアを持つ高機能ソフトです。長い時間をかけて日本でのユーザーが使いやすいように進化してきています。

ARCHICADは、様々なBIMソフトの中でも操作性が良く、ユーザーにとてもフレンドリーで、ユーザーの裁量を大きく許す、自由度が大きいソフトです。

しかし、操作マスターには建築の基礎知識や2次元CADの操作知識なども必要です。短期間でのマスターは独学では難しく、やはり専門の講師によるトレーニングが早道です。

段階的にBIMをマスターできるように講座が用意されていますので、ぜひ受講されて業務の効率化にお役立てください。

eラーニング利用規約/動作要件

拠点情報

札幌オフィス
電話番号
011-222-7424
住所
札幌市中央区北三条西2-1 北専北三条ビル5階
GoogleMapで見る
仙台オフィス
電話番号
022-262-5674
住所
仙台市青葉区中央3-1-22 エキニア青葉通りビル7階
GoogleMapで見る
東京オフィス
電話番号
03-5348-2039
住所
東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル3階
GoogleMapで見る
名古屋オフィス
電話番号
052-561-2372
住所
名古屋市中村区名駅3-26-8 KDX 名古屋駅前ビル10階
GoogleMapで見る
大阪オフィス
電話番号
06-6258-5339
住所
大阪市中央区南船場4-3-2 ヒューリック心斎橋ビル9階
GoogleMapで見る
福岡オフィス
電話番号
092-721-9670
住所
福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル8階
GoogleMapで見る