職員・人材育成関連事業 平成28年度 厚生労働省 課長補佐向けコミュニケーション力向上研修

委託元

厚生労働省

実施内容

職場活性化、対人関係構築力を育む「一流の部下力養成研修」の実施

実施年度

平成28年度

カリキュラム

オリエンテーション ◆研修目的とスケジュール案内
*職場での自分の役割、立ち位置の意識・理解
1.組織における上司の役割を知る ◆組織力を高める上司の考え・働き職場の人間関係
*組織活性化のためのコミュニケーションとは
*現状の課題とコミュニケーション向上のメリットを認識する
2.コミュニケーションの傾向を知る ◆自己のコミュニケーション傾向の分析
*TA分析による自己のコミュニケーション傾向の分析
【TAによるエゴグラムテストの実施】
 ※36問の質問回答→自身で点数・グラフ化
3.仕事力を向上する意識とコミュニケーション力 ◆自己のコミュニケーションの傾向に加え、他者との関わり方について理解する
*よりよい人間関係を築くために - 自己理解・他者理解 ―
*自己理解とは
*交流分析5つのタイプ
*コミュニケーションはキャッチボール
4.上司でも人間 理性ではなく、感情の動物だと知る ◆上司の言動・指揮・命令の傾向からコミュニケーション傾向を分析する
*上司に対する他者理解
*上司の信頼を得る受命、返答の仕方
5.中間職員としてのリーダーシップ ◆上司の立場を理解した上で組織力を高める
*部下への関わり方のスタンスに気づく
*上司からの指示事項の伝達
*組織全体の方向性の理解
6.明日からの取り組み課題の明確化 ◆付加価値のある人材(職員)を目指す
*ストローク・相手を認める行動、働きかけを意識する
*コミュニケーション力の強化、より良い人間関係づくりへの課題と目標を明確化する。
*明日からの行動目標

受託事業一覧へ戻る