HABSの教育ビジョン

履修スタイル

HABSでは、日本にいながらにしてグローバルスタンダードな海外MBA取得に挑戦するプログラムを提供します。海外留学にかかる時間的・経済的な負担がないうえに、プログラムは毎週土曜日のスクーリングと平日の在宅ワークで構成されています。キャリアを中断することなく仕事を続けながらMBA課程を修了することができ、修士学位は国際的に認知された英国ウェールズ大学から発行されます。

人材育成目的および教育目標

経営の理論と実践の融合により、経営ならびに事業における問題発見を行い、様々な角度から問題に対する課題を可視化し、高度な専門的能力と広い視野で異文化を理解し尊重する能力をもって、創造的な施策・解決がはかれる人材を育成します。

  • Diploma policy

    学位授与方針

    所定期間在学し、所定単位の修得をもって以下の人材像の達成とみなし、修士学位を授与します。

    1. マネジメントに関する専門的・実践的知識および技能を身につけている。
    2. 経営および事業戦略に必要な思考力・判断力・分析力・表現力・理論観を身につけている。
    3. ビジネスに係る問題を発見し、解決するための主体性・創造性・洞察力を身につけている。
    4. イノベーションを推進するための豊かな個性・リーダーシップ能力・コミュニケーション能力を身につけている。
    Diploma policy
  • Curriculum policy

    教育課程編成・実施方針

    1年次:経営全体を俯瞰できる知識と能力を学ぶ
    経営資源に関する基本フレームの理解、経営資源を再配分する経営戦略の理解を目的とした必修科目から構成されています。単一的な学習に偏らず、科目相互間の関連性を理解することで、経営課題に対して多面的な分析と問題解決のアプローチができるようになります。

    2年次:問題の本質に着目し、真の課題・ニーズを発見
    必修科目で習得した理論的フレームワークを基に、応用発展的な講義とケーススタディを通して、より高度、かつ実践的な知識および技能の習得を目指します。最新の事例研究やワークショップにより、現状のビジネスシーンにおける問題、市場・変革機会を発見し、新たなビジネスチャンスを創り出す力を養います。

    Curriculum policy
  • Admission Policy

    入学者受け入れ方針

    HABSの人材育成目的および教育目標を達成するMBAプログラムで学ぶために必要な能力・資質は以下の通りです。

    1. 経営学に強い関心を持ち、高い意欲と目的意識を持って学習を行おうとしている。
    2. HABSの掲げる人材育成目的・教育目標を理解し、MBA課程の勉学を強く志望している。
    3. 広く高等学校卒業レベルの基礎学力を有している。
    4. 日本語を母国語とする、または学習に困難をきたさない日本語運用能力を有している。

    当校個別の出願資格審査 の要件を満たしていれば、学士学位を有していない方でも出願することができます。

    ※出願資格審査
    実務経験の職務内容や公的資格等の実績の情報に基づいて、大学を卒業したと同等以上の学力があると認められるか審査します。
    対象者:短期大学、高等専門学校、専門学校、高等学校の卒業者等で、大学院就学時において社会人(有職者)として5年以上の実務経験や取得した公的資格を有する者

    Admission Policy

学生データ

様々なバックグラウンド、各分野で豊富な職務経験を持つ方々が当校で学んでいます。授業のディスカッション等を通じて互いに大きな刺激や学びを得ることができる場となっています。

  • 学生データ - 年齢属性
  • 学生データ - 最終学歴
  • 学生データ - 男女比
  • 学生データ - 所属業界