Pick Up!イベント

ロジカルシンキング を理解する

日本企業のコミュニティにおいては、「ロジカルシンキング」は日常的に使われるツールです。
知的生産者のスキルとして、ロジカルシンキングができるか否かがその格差を分ける重要な要素と言えそうです。

「ロジカルシンキングの重要性はわかるし、研修も受けたことがある。でも、なかなか実践するのは難しい。」

そんな悩みをよく聞きます。
たとえば、「3つにまとめて話すこと」ひとつとっても、なかなか難しいものです。
しかし、ロジカルシンキングは「スキル」ですから、適切なトレーニングを行うことで誰にでも習得できるものです。

『ロジカルシンキング “おさらい” 講座』は、知的生産者の仕事である、
「現状分析」と「問題解決」という2つのプロセスに従って構成された全5回の集中講座です。
「現状分析」のステップは3つに、「問題解決」のステップは2つに構成されています。

■「現状分析」のステップ
問題を正しく認識した上で、仕事をスムーズに進めるために必要な問題解決の手段を講じます。

■「問題解決」のステップ
正しい現状分析により問題を把握できたら、次に解決策を考えます。

以上、5つのステップにより、日々の仕事でよく発生する問題の多くをカバーできるように整理していきます。
各ステップには、3つずつ、合計15個のクイズ(ケース問題)を用意しています。
グループでクイズを解いていくことで、段階的に実践力を高めることができます。

*クイズの一例
・会社に遅刻しそうなときは自転車かバスか?
・寒い日にはアイスは売れないのか?
・新車はどれくらい売れているのか?
・契約数が減った理由は?
・ペットボトルってなんだろう?
・売上が横ばいの時どうするか?

*講義で用いるクイズやカリキュラム内容は変更となる場合があります。

ロジカルシンキングを「なんとなくわかる」から「使い方がわかる」ステップに進めていきたい方にお勧めの講座です。

髙橋 宏誠
株式会社エスト代表取締役/経営コンサルタント
東京大学卒業。ニューヨーク大学大学院にてMBA。学術博士(東京工業大学)。マッキンゼー、ヘイグループ等を経て独立。著書に『企業価値を高める戦略がわかる 戦略経営バイブル』(PHP研究所)など。