よくある質問【MBAの取得は英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム】

University of Wales - Prifysgol Cymru

英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム

HOME > よくある質問

英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム グローバル化時代を生きるすべてのビジネスパーソンへ ビジネスセミナー随時開催中

よくある質問

通学制について

仕事を続けながら通えますか。
講義は土曜日以外に行われることはありませんので、原則として土曜日に休みが取れる方であれば問題ありません。

Back to top

どのような授業の形態ですか。
1クラスは最大30名~35名程度で構成されています。また、クラスは一般的なビジネススクールと同様、個人でのワークに加え、6名~8名程度のグループでのグループワークが活発に行われます。様々なバックグラウンドを持ったメンバーとの協働によって、多様性を理解し、新たな“気づき”を得ることができます。

Back to top

専門MBAとは何ですか?
MBAとしてのゼネラルマネジメント能力育成に加えて、医療(医療産業)や技術(製造業全般)などの、特定の産業界(または職種)特有のマネジメントに関する理論と技術を履修することで得られる学位です。

Back to top

入学審査について

入学申請には4年制大学卒業資格(学士号)が必要ですか。
学士号を持たない場合でも、実社会における実務経験、職務能力等によって入学が許可される場合があります。学士号を持たない方は、入学申請前に事務局にご相談ください。

Back to top

文学部など、ビジネス関連以外の学部出身でも入学申請できますか。
実社会での職務経験で審査するため、出身学部は関係ありません。ただし、実務経験が少ない場合は、大学での学部がビジネス関連の学部であることが望ましいでしょう。

Back to top

入試倍率はどの程度ですか。
欧米で一般的に行われている「ローリング・アドミッション」方式(申請順に順次審査を行なう方式)で審査するため、日本の大学のような「倍率」は発生しません。合格・入学者数が定員に達し次第、次期の入学申請者として審査することになります。

Back to top

入学審査では、どのような点を審査するのでしょうか。
実社会での職務経験が最も重要な審査のポイントになっています。また、志望動機(エッセイ)も重視します。面接では、申請者の社会的成熟度、クラス貢献期待度などを中心に審査します。

Back to top

審査はどのように進められますか。
日本事務局側での面接と書類審査後、ウェールズ大学に申請者のプロファイルを送り、最終判断が行われます。日本事務局での面接は、申請書にかかれていない、申請者の職務経験等を聞き取り、プロファイルに加える役割を持っています。尚、遠隔制については双方向ライブ講義システムを使用することで、お住まいの地域からも面接を受けることが可能です。

Back to top

エッセイはどのような点に注意して作成すべきでしょう。
特に注意事項はありませんが、自分自身がMBAのクラスに何を貢献(Contribute)できるかという点は明確にしておくと良いでしょう。また、MBAは目的ではなく通過点です。自信のキャリア・ゴールは何かを明確にしておくと良いでしょう。

Back to top

推薦状はどのような人からもらうと良いでしょう。
職場の上司から得られる場合は1通、それ以外は推薦者2名からの推薦状を準備してください。推薦者には申請者自身の職業的能力を判断できる方が望れます。したがって、上司以外の推薦状を得る場合は、ご自身のポジションよりも下の方は避けてください。

Back to top

入学時に研究計画書の提出は必要ですか。
必要ありません。一般的に欧米のMBAでは研究計画書の提出は要求されません。

Back to top

不合格になった場合、再度入学申請することができますか。
入学申請することはできますが、「絶対評価」で判定するため、不合格になった場合は実務経験が足りないなどの理由があるため、それが解消されない限り入学許可を取ることは難しいでしょう。

Back to top

その他プログラムについて

MBAを取得することのメリットは何でしょうか。またそのような能力が修得できるのでしょう?
ビジネス全体を俯瞰できる能力、多様な業種の人的ネットワーク、環境適応能力、意思決定能力、リーダーシップ性、コミュニケーション能力などが上げられます。ただし、MBAでの学習成果は、個々によって異なり、参加者がどれだけ能動的に学ぶかということが最も重要です。

Back to top

ビジネスに関して基本的な知識がないと履修は難しいですか。
講義科目によって基礎知識が必要な講義科目と、あまり必要でない講義科目があります。基礎知識が必要な講義科目については、講義科目担当教官からリファレンス(参考文献)が数冊示されていますので、その中で基礎的なものを予め読んでおくことが望ましいでしょう。

Back to top

ケース・スタディ(メソッド)とは何ですか。
MBAは1900年の初頭に始まったプログラムです。当初は、他の修士課程と同様に、理論的な研究が中心のプログラムでしたが、実際のビジネス社会では理論では解析できない不確定要素が多いことから、より実践的な教育を行なう目的で、実際の企業で生じた事例を題材に討議する、"ケース・メソッド"がハーバード・ビジネススクール(HBS)で開発され、現在では殆どのビジネススクールでケースを用いた教育が行われています。

Back to top

欧米のMBAでありながら、なぜ日本語で教授しているのですか。
内容の理解と実践能力の修得を最優先しているためです。MBAはプロフェッショナルスクールと呼ばれるとおり、実務家の養成が目的であるため、日本語が母国語であれば、日本語で学ぶことが最も理解を深めると判断したためです。

Back to top

教員はどのようなバックグラウンドを持った人ですか。
当プログラムの教授陣は、国内外のビジネススクールで豊富な教育経験を持ったエキスパートで構成されています。それぞれの専門分野の第一人者として、著名な研究者の方も多くいらっしゃいます。最新の教員情報は、当プログラムホームページで公開しています。

Back to top

どのような姿勢でクラスに望めばよいでしょう。
一般的なことですが、まず積極的に参加することです。高額な費用と時間を犠牲にするMBAでの効果を最大限にするためには、学ぶ側の姿勢が最も重要なのです。MBAで学ぶためのポイントは、履修開始前のオリエンテーションで詳しく説明しています。

Back to top

講義にはどれぐらいの出席が求められますか。
土曜日の講義は原則として70%以上の参加が求められます。従って、出張等のやむをえない事由で、予め出席が70%未満になることがわかっている場合は、当該学期を休学することができます。休学した学期の学費は、時学期以降に繰り越すことが可能です。

Back to top

欠席した講義を後日確認する方法はありますか。
講義は録画し翌週から視聴ができるようにしています。ただし、録画を確認されても、出席扱いにはなりませんのでご注意ください。

Back to top

課題はどの程度出されますか。
講義科目によって異なりますが、個人、およびグループでの課題をあわせて1講義科目で3~5課題程度が出されます。課題は、ケース分析等をレポートにまとめるものや、リサーチをプレゼンテーション形式にまとめ、ライブ講義で発表するものなどがあります。

Back to top

各講義科目の成績評価はどのように行われますか。
ほとんどの科目では、土曜日の講義(クラス貢献度、プレゼンテーション内容等)20%、課題30%および学期末の定期試験50%で評価します。成績は日本側およびウェールズ大学(英国)側の審査委員会によって最終決定されます。

Back to top

講義科目を落とした場合はどうなりますか。
ウェールズ大学側の判断により、再試験または再履修が決定されます。再試験または再履修での成績が合格点に達しなかった場合は以降の履修ができません。

Back to top

修士論文はどのようなものですか。
修士論文は2種類のスタイルがあります。一つは自身でテーマを決め、それについて研究論文をまとめるもの。一つは、"プロジェクト"と呼ばれる、実際の企業からプロジェクトを受け、それについてのリサーチを論文として提出するものです。

Back to top

修士論文の量はどの程度要求されますか。
一般的にMBAの場合、通常の研究主体の修士論文と比較して量は多くありません。ウェールズ大学の場合、和文4万5千字(英文2万語)未満と指定されていますので、おおよそ60~80ページ程度未満ということになります。

Back to top

修士論文の指導はどのようになっていますか。
指導教官がつきますが、基本的な論文の書き方などは、自身でマスターしておいて頂く必要があります。2年進級時に修士論文執筆のためのオリエンテーションを実施しています。

Back to top

Back to top

HABS

Copyright(C) 2002 - 2017 Human Academy Co., Ltd. All Rights Reserved.
This degree is validated and awarded by the University of Wales, UK. For further details regarding the University and its validation services, please log on to www.wales.ac.uk/validation or email validation@wales.ac.uk