プレゼンテーション(表現力向上)研修 #ビジネス

所要時間 4時間~6時間 ※ 所要時間は目安です。カスタマイズ可能です。

相手を動かすためには、相手の興味の持てる話を、相手のわかる言葉で伝え、相手にどう動いてもらいたいかを想像してプレゼンテーションを実施する必要があります。 つまり、「目的が明確であること」「相手目線で、相手のわかる話をすること」「やるべきことが具体的になっていること」「話の筋が通っていること」が大切です。これらは十分に事前準備をしないとうまくいきません。 本研修では、プレゼンテーション目的や内容をよく吟味し、論理展開や話す順序、表現を工夫するといった正しい事前準備の仕方を身につけ、本番には自信をもって取り組めるようになることを目標としています。

研修目的

  • プレゼンテーション目的や内容をよく吟味し、論理展開や話す順序、表現を工夫するといった正しい事前準備の仕方を身につけ、本番に自信をもって取り組めるようになります。

カリキュラム

1.オリエンテーション

2.わかりやすい説明とは
・文章構成の理解
・ノンバーバルコミュニケーションのポイント
・グループ練習

3.プレゼンテーション演習 ①
・ビデオ撮影と振り返り

4.聞き手の心理を考える
・聞き手の属性に合わせた話し方

5.プレゼンテーション演習 ②
・ビデオ撮影と振り返り

6.まとめ


■ 研修の特長
・文書構成の作り方を学ぶ
・説明力、表現力を養う
・実践形式による講義
・伝えたいポイントを明確化
・経験豊富な講師による講義


■ 受講対象者のイメージ像(あるべき姿)
・伝えたいポイントが理解出来ている
・文書構成の作り方がうまい
・自分の話をよく理解してもらえる

一覧へ戻る

HABSとは

お役立ち情報

top