コミュニケーション研修 ① B022

所要時間 6時間~8時間 ※ 所要時間は目安です。カスタマイズ可能です。

B022 ■ コミュニケーション研修 ① TAアセスメント

職場の人間関係の強化、組織の活性化を図る上で各自のコミュニケーションスキルの向上は欠かせないものですが、対人スキルは幼少期からの経験により形成された反応パターンに強い影響を受けているため、表面的なスキルだけを学んでも、体得することが難しいとされていますが、自身の特性を省み、課題と解決方法を学習することで、長所を伸ばし、短所を抑制する無理の少ないコミュニケーションスキルの向上が図れます。

研修目的

  • 現状認識のためのアセスメントツールとしてTAを活用する事により、現在の自分自身の行動特性(性格・性質)を正しく理解することができ、コミュニケーション上の自身の課題を客観的に捉えることができます。職場の雰囲気、仕事の効率とコミュニケーションの関係を理解し、目標達成のための積極的な人間関係構築力を養います。
  • 現在の自分を性格・行動・志向の側面から振り返り、ご自身のコミュニケーションが周囲に及ぼす影響の度合いについて気づきを得て頂きます。人との関わり方を学び、対人関係が円滑になることにより職場活性化への糸口に繋げていきます。

カリキュラム

com_3.gif

1.オリエンテーション
研修目的とスケジュール案内

2.組織力を活性化するコミュニケーションとは
(1)個人力、チーム力、組織力を高める要件
(2)社会人基礎力とは
(3)仕事のフローと情報共有力
(4)情報共有の仕方とステップ

3.情報を共有する大切さを知る
【コミュニケーションゲーム】
 *グループワークによるゲーム

4.コミュニケーション傾向診断
【TAによるエゴグラムテストの実施】
 *自己のコミュニケーション傾向の分析

5.仕事力を向上する意識とコミュニケーション力
【演習と実習】報告・連絡・相談のためのルール
 *小さなルールを守ることの意義

6.明日からの取り組み課題の明確化
(1)自己のコミュニケーション傾向を知る
(2)主体的、自律的なコミュニケーションとは
 *エゴグラムテストの分析結果を見る

7.まとめ
自己課題とアクションプラン

一覧へ戻る

HABSとは

お役立ち情報

top