保育園以降も!小学生の待機児童問題と多様化する学童保育

現在の日本は共働きの世帯が増え、保育園の待機児童の問題はよく耳にするところです。そして実は、保育園の後の小学校に入ってからの預け先がないという「小学生の待機児童問題」も重要視されています。その問題と、解決策となる新しい学童保育についてまとめてみました。

■ 小学生の待機児童問題

待機児童問題といえば、保育園の待機児童を思い浮かべるかと思いますが、今はその後の小学校での待機児童問題が深刻です。子どもが保育園の時は仕事をすることができていたのに、小学生になってからは子どもを預けるところがないため、仕事を続けることを諦めざるを得ないお母さんたちも増えています。また、学童保育は小学4年生以上の預かりが出来ないところも多いです。小学4年生以降は一人で留守番させるか、習い事をさせるかなどを選ばなければならず、その時点で、また仕事を続けられるかどうかの壁にあたってしまいます。

■ 学童保育に入れなかったらどうなるの?

学童保育に入れなかった子どもは、一人で留守番するという選択になると寂しい思いをしてしまいます。習い事を選んだとしても、一人で家の鍵を閉めてから出かけることは寂しくもあり、不安です。また、親が仕事を断念して家にいることを選ぶと、貧困家庭となり、子どもに習い事や体験をさせる機会が減る場合もあります。最近では学童保育の質の問題も提起されています。無事に学童へ預けることができたとしても、子どもが「つまらないから行きたくない」と思ってしまっては意味がありません。子育て中の親たちからは学童保育の数と質の充実が求められています。

■ 多様化する学童保育

「公設の学童保育数が少ないのなら民間で作ろう」という動きがあり、学童保育として預かる機能と様々な体験ができるプログラムを兼ね備えたアフタースクールが運営されています。学童保育の内容が乏しいと言われる現在、多彩な体験ができるようにと、専門分野についての知識を持った指導員によって、音楽からスポーツ、ものづくりやデザインなど、豊富な体験メニューが揃っています。民間の学童保育が増えていけば、待機児童の問題も解消され、何より子ども達に様々な体験をさせることもできます。小さな頃より色々な体験をすれば、子どもの可能性が広がり、好きなことや将来の道を見つかるでしょう。子ども達が寂しい思いをせずに、楽しく充実した放課後を過ごす場所を作ることが、子どもにとってもこれからの社会にとっても必要ではないでしょうか。

一覧へ戻る

HABSとは

top