【行政事業受託】神戸市「多様な働き方推進支援業務(クラウドソーシング)」

  • リリース

2018年09月06日

~クラウドソーシングを活用し、介護や出産・育児などによる離職を防ぐセミナーを開催~

ヒューマンアカデミーは兵庫県神戸市より「多様な働き方推進支援業務(クラウドソーシング)」を受託しました。

神戸市民の方々を対象に、クラウドソーシングを活用して就業機会を拡大するためのセミナーを開催し、介護や出産・育児などによる離職を防ぐことで、地域経済の活性化を推進します。

【概 要】
クラウドソーシングは、フリーランスとして働く個人とインターネットで直接つながり、仕事の受発注を行う仕組みで、時間や場所に縛られない働き方の一つとして注目されています。この事業では、クラウドソーシングの基礎知識をはじめ、必要な技術や収入を得るためのノウハウなどを、専門家による講演や、既に在宅ワークを実践している方(クラウドワーカー)によるパネルディスカッションなどから学びます。また、実践講習会では、始めるために必要なパソコン操作やライティング知識を学ぶことができます。さらに、平日に開催するセミナー・実践講習会では無料託児サービス(事前予約制)を利用できるため、子育て中の方も参加しやすくなっていることが特長です。

【背 景】
少子高齢化や労働人口の減少が進む中、潜在的な労働力として、女性や高齢者などの活躍が期待されています。しかしながら、介護や看護、出産、育児など、家庭生活において様々な事情を抱え、働きたいという意欲がありながら働くことができない、仕事との両立を支える環境が整わない、という方も多く存在しており、課題となっています。こうした状況を踏まえ、神戸市では、2016年度より多様な働き方を推進し、「出産・育児・介護等」と「仕事」の二者択一を迫られる状況を緩和するとともに、就業機会の拡大を図り、働く意欲をもつすべての人がライフステージに応じた働き方を選択し、能力を発揮できる環境づくりを進めています。

【実施内容】
● クラウドソーシングセミナー
セミナーでは、クラウドソーシングの仕組みや活用方法、注意点など、具体的な事例を交えながら分かりやすく紹介します。また、確定申告や経費の計上方法などお金にまつわる様々な話も詳しく解説します。

● クラウドソーシング実践講習会(初級)
クラウドソーシングの仕事の中でも需要が高く、初心者でも受注しやすいWEBライティングについて、基礎知識やマナー、仕事の進め方などをはじめ、演習を通じた実践的なスキルを学び、「WEBライティング技能検定」の取得を目指します。

ヒューマンアカデミーは、「多様で柔軟な働き方」を創出するとともに、介護などを理由とする離職の防止や、出産・育児からの復帰を目指す方を支援することで、今後も地方創生に貢献してまいります。

ニュース詳細
(別ウィンドウで開きます)
https://www.athuman.com/news/2018/post_405/

ニュース一覧へ戻る