【行政事業受託】生駒市「働き方改革推進イベント等実施業務」

  • お知らせ

2018年12月17日

ヒューマンアカデミーは奈良県生駒市商工観光課より「働き方改革推進イベント等実施業務」を受託しました。

【事業および業務概要】
生駒市では、市民が子育てや介護と仕事を両立できるよう多様な働き方の推進を支援することによりワークライフバランスの向上と福祉の増進を図るとともに、新たな雇用創出や人材誘致等に繋げることを目的として、平成29年3月にテレワーク&インキュベーションセンター「イコマド」を開所し、施設の機能のひとつとして、柔軟で多様な働き方であるテレワークの普及啓発を実施しています。

平成30年7月に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(通称:働き方改革関連法)が成立し「働き方改革」という言葉自体は広く知れ渡ることとなったものの、実態はまだ追いついていないのが現状と言えます。同法においては実現に向けて様々な施策を講じるとしており、雇用対策法の一部改正については第4条第1項に「多様な就業形態の普及」を謳うなど、柔軟で多様な働き方の推進は喫緊の課題となっています。このことから、生駒市においても地方創生推進交付金対象事業「女性の新しい働き方創出支援事業」の一環として柔軟で多様な働き方の推進を目的に「働き方改革推進イベント等実施業務」を実施します。

「働き方改革推進イベント等実施業務」は、中小企業・小規模事業者の人材不足の実情を踏まえ、実施労働局が指定する地域において、公共職業安定所(ハローワーク)を利用していない若年層を主な対象として、イベント・セミナー等を実施し、対象者が、仕事に興味・関心を持つこと、中小企業や業界の魅力に触れ、仕事の探し方ややりがいを見出し、地域の求人状況を知ること等により、ハローワークの利用登録を促すことを目的とします。

【実施内容】
生駒市を拠点に、テレワーク・クラウドソーシング等の多様な働き方の普及・周知に係るイベントを開催します。市内に所在するテレワーク・インキュベーションオフィスの利用促進も目的のため、市民・市内企業のみならず市外のテレワーク等の活用・導入を考えられている方も対象に延べ500人規模のイベントを企画・実施します。

ニュース一覧へ戻る