【受付終了】■1月-3月特別セミナー■【1月】ダイバーシティが進む時代に求められる「働き方」と「働きがい」@HABS MBA

  • MBA
  • グローバル戦略
  • ダイバーシティ
  • 働き方改革
  • 女性活躍推進

ダイバーシティが進む時代に求められる「働き方」と「働きがい」

2019年1月~3月 特別企画 第1弾
今や企業にとって「必ずやらなければいけない」テーマといえる『働き方改革』『グローバル戦略』『ダイバーシティ&インクルージョン推進』を各回取り上げ、企業・組織の取り組み方と個々が知っておくべき知識や考え方について、セミナーを開催します。

新年第1回目のテーマは『働き方改革』×『ダイバーシティ&インクルージョン推進』。 HABS MBAプログラムではリーダーシップ論を担当し、ホワイトワーカー(ナレッジワーカー)生産性向上と組織・人材マネジメントを専門とする宮川雅明が登壇します。MBAプログラムの他、企業内研修において、理論と実践をつなぐための How to・To do の分かりやすさに定評のある人気講師です。


お席に限りがありますので早めの参加ご検討・ご予約をおすすめいたします。

*このセミナーは終了しました。

開催場所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-25
西新宿プライムスクエア3F
ヒューマンアカデミー研修ルーム
主催 ヒューマンアカデミー株式会社
ヒューマンアカデミービジネススクール

内容

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワークの推進など、さまざまな施策が進められるようになりました。それらの施策によって、従業員の「働きやすさ」の向上が期待されるところですが、それらが現場の実情や実態、当人の思いに対する配慮なき施策であれば、取り組みそのものに疑問を持つ人も出てきます。働きやすさの向上は重要な課題ですが、その目的が曖昧な状態で施策のみを推進すれば、従業員の「働きがい」を阻害してしまうこともあります。ダイバーシティが進む時代の「働きがい」と「働き方」とは?

■ 当日のスケジュール

18:30~ 開場(受付開始)
19:00~ 開始
20:30~ 質疑応答

■ こんな方におすすめです

人事(育成・制度)・労務を担当する方
女性活躍推進、ダイバーシティ推進を担当する方、興味・関心を持つ方
部門・経営幹部および候補者の方、目指す方
組織および人材マネジメントに興味・関心を持つ方
ビジネススキルを強化したい方

■ 参加資格

社会人経験をお持ちの方

* 社会人経験のない学生の方の参加はお断りしております。

 時短や在宅勤務で社員は喜ぶのか? 

今や働き方改革は、企業にとって「必ずやらなければいけない」テーマになっています。多くの企業では何らかの施策を進めていて、実際に労働時間が減少したり、有給休暇取得率などの数値が改善したりするなど、成果も上がっているようです。しかし、中には形だけの取り組みになってしまっているケースや、施策そのものが目的化しているケースもあります。そのような状況が続けば、従業員の「働きがい」は下がってしまいますし、実際にそうした事例も報告されています。労働時間の削減や休日を増やすことだけではなく、従業員の「働きがい」を高めていくことこそが働き方改革の本来の目的ではないかと思います。

ひとことで言うと、「働きやすさ」を高めることと「働きがい」を高めることは、似ているようで異なる概念であるからです。

このことを考える上で参考になるのが、アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグが提唱した「二要因理論(動機付け理論)」です。従業員が仕事に満足を感じる要因を「動機付け要因」、逆に整っていないと不満につながる要因を「衛生要因」に分けています。「衛生要因」は、不満が解消されれば、それ以上に向上させたところで満足の向上につながるわけではない、という特性を持っています。「動機付け要因」に分類されるのは、仕事の達成感や責任範囲の拡大、能力向上や自己成長、チャレンジングな仕事などです。これらは、あればあるほどやる気やモチベーションにつながります。一方の「衛生要因」には、会社の方針や管理方法、労働環境、給与・時間・役職などの作業条件が含まれます。これらは従業員の不満を解消するために必要ですが、それ自体が必ずしも満足につながるわけではありません

 ダイバーシティ推進に求められること 

日本の生産年齢人口は、低下の一途にあります。それに伴って、女性やシニア、外国人労働者などはますます増え、ダイバーシティがさらに進んでいくでしょう。私たちはそれに合わせて、マネジメントレベルも進化させていく必要があります。経営者が自社の文化や風土を明らかにし、ビジョンや価値観を伝えていくことで、組織を一つにまとめていく努力をしなければ、従業員の「働きがい」は高まりにくくなると言えます。特にグローバル規模で勝負しようと考えている企業は、「働きがい」を高めることに注力すべきだと思います。

* 定員になり次第、受付締め切りとさせていただきます。
* ご予約内容の確認のため、事務局スタッフよりご連絡させていただくことがあります。
* 講演内容は予告なく変更させていただく場合があります。
* 悪天候・交通機関の運行状況等により中止となる場合があります。この場合、ご予約時にご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡をさせていただきます。

講師紹介

宮川 雅明  ミヤガワ  マサアキ

HABS MBA:リーダーシップ論
HABS Managing Professor
デジタルハリウッド大学大学院 客員教授
カタナ・パフォーマンス・コンサルティング株式会社 代表取締役
一般社団法人RMA 理事

セミナー一覧へ戻る