語学プログラム

基本情報


改革が続く英語教育、グローバル時代に活躍できる国際人を育てる

文部科学省での「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」にある学校教育における抜本的な教育環境の改革の進行を受け、ヒューマンアカデミーでは、強みである英語4技能育成および留学サポートにて小学校・中学校・高校・大学の
英語教育改革を支援しています。

ヒューマンアカデミーは、1989年のナショナルアメリカン大学との学術提携を経て、1990年に同大学日本校(ヒューマン国際大学機構)を開校しました。開校以来、一貫して海外大学への正規留学を前提とした教育を行い、4,800名以上の学生が海外大学への正規留学を果たしております。長年にわたる留学、英語教育に関するノウハウならびに100校以上の海外提携大学とのネットワークを活かし、さまざまな英語教育プログラムを提供、学生の英語4技能向上と国際感覚の育成に取り組んでいます。

 特徴 

1.ESL(集中英語講座)とGeneral Education(一般教養)の徹底

現地語学学校を通さず、直接海外大学へ進学するため国内にて徹底したESL(集中英語講座)を実施。英語4技能をバランスよく向上させるとともに出願に必要な最低IELTSバンドを取得します。また、Advanced level(上級者レベル)を終了した学生は、General Education(一般教養)受講が可能となり、提携大学で行われている講義と同質のシラバス(履修要項)及びテキストを使用し取得した単位を一部の提携大学の卒業単位として留学時に互換することが出来ます。

2.カレッジスキル(欧米の大学授業・講義を受けるために必要となる学習技術)の習得
海外大学出願に必要な最低限の英語力だけでなく、海外大学を卒業するための学習技術を習得させます。「受け身型」の授業が中心の日本の学生が何の準備もなしに「参加型」の海外の授業を受けることは至難の業です。カレッジスキル(学習技術)を見につけることで戸惑いを感じることなくスムーズに海外での授業に入り適切な成績を修められるように指導します。

3.プレイスメント(進路指導と海外大学出願・入学の代行手続き)
学生一人ひとりの希望や適性、保護者の方の条件などを最大限に考慮した進学・編入先選びができるよう配慮しています。進学する国、大学、専攻など学生自身が考え判断できるように専門の進路アドバイザーがカウンセリングを実施。最適な留学先と大学を選択できるようにします。早い時期に留学先を決定し、余裕を持って進学準備を始めます。また、毎年海外大学からインターナショナル学生の募集に提携校から担当者が来日し、本学において各大学の紹介・説明会が行われるため実際に会って質問や相談をすることも出来ます。

 実績 

1.28年間 約4,800名の海外大学進学サポート
アメリカサウスダコタ州ナショナルアメリカン大学(アメリカ北中部大学協会認定校)との学術提携により、大阪・西中島において「ナショナル大学 日本校」を開校。日本の高校を卒業したのち、海外大学へ進学し学位取得を行える教育機関としてスタートしました。その後、学生・保護者・学校関係者からの要望により多くの提携大学への進学サポートを実施すべく、1995年に「ナショナル大学 日本校」を「ヒューマン国際大学機構JAPAN」に改組、同年に東京・新宿に東京校を開校。1999年には、米国最大の包括的大学組織であるニューヨーク州立大学と提携し、現在までにヒューマン国際大学機構から同校へ約1,200名の修了生が進学しています。また彼らの同大学修了実績により、本学の提供する海外大学準備教育の有用性が認められ、本学とニューヨーク州立大学は互いに強い信頼関係を構築し続けています。2001年にはイギリス・オーストラリアの大学との提携も開始、幅広く英語圏の大学進学をサポート。多くの形態がある留学サポートの中でも設立当初より海外大学への進学サポートに特化し、海外大学への進学に関して28年間に渡りノウハウと実績を積み重ねてまいりました。

2.日本初の現役合格型準備教育プログラムを開設
2005年海外現役進学科開設により、毎年現役高校生100名以上の海外大学進学をサポート。高校に通いながら海外大学進学準備学習を並行して実施し、準備時期に合せて2者面談、保護者を交えた3者面談を実施。海外大学から留学担当者を招いた説明会も随時実施し、現地の詳細情報を直接知る機会の提供も行うなど、学習コンテンツのみに留まらない総合的進路指導体制を構築しています。

3.日本初となる国際規格「ISO29990:2010」と「ISO029991 :2014」の認証
2014年3月に発行の語学学習サービスに特化した新しい国際規格認証をグローバル教育提供機関として日本で初めて取得。海外におけるグローバル教育を推進するために、この国際規格に基づく学習サービスマネージメントを導入し、提供プログラムのクオリティを担保しています。
*認証機関:SGSジャパン調べ(2016年3月現在)

 導入実績 

大阪府立三国丘高等学校、大阪府立四條畷高等学校、私立東大谷高等学校、大阪府立北野高等学校、大阪府立佐野高等学校、大阪府立阪南高等学校、大阪府立久米田高等学校、大阪府立北千里高等学校、私立樟蔭高等学校、私立緑ヶ丘女子中学校・高等学校、私立桜蔭中学校・高等学校、私立女子聖学院中学校・高等学校、私立花園学園中学校・高等学校、私立共立女子中学校・高等学校、私立共立女子第二中学校・高等学校、私立麹町女子中学校・高等学校 他、全国100校以上(敬称略)

導入実績▶「おおさかグローバル塾」

海外大学での学位取得を大阪府在住の高校生を対象に、海外進学に対応できる髙い英語力を身につけさせるとともに、受講生個々に合わせたきめ細やかな進路指導や奨学金の獲得方法の指南等も含める総合的な支援プログラムです。英語で大阪をはじめとする日本や世界の歴史・文化を学び、世界の人々とコミュニケーションできる力や、海外での短期留学を通して、現地大学の講義や学習方法を学ぶ等、自信をもって海外生活を送る力を育てます。

各校の方針に応じた「グローバル塾」を提供します。レディメイドプログラムのカスタマイズや完全オーダーメイドのオリジナルコース設計も可能です。また、教職員向け英語研修も承ります。

【ニュースリリース】大阪府より高校生等海外進学支援事業「おおさかグローバル塾」を受託
https://www.athuman.com/news/2018/post_398/
【現地レポート】大阪から世界へ!「おおさかグローバル塾」に参加の高校生40人がイギリス・リーズ大学に短期留学!
https://www.athuman.com/innovation/2018/vol56/

海外提携校・協力校

● アメリカ:46大学、カレッジ
● イギリス:11大学
● カナダ:3大学
● オーストラリア:10大学

プログラム体系

【読む・書く】
● TOEFL®対策
TOEFL®は海外への大学留学に必要な英語力としてはもちろん、近年は大学入試の英語外部試験として採用する大学も増えています。4,800名以上の留学生を支えて きた受験のテクニックや、英語で考え英語でアウトプットする力を身につけるカリキュラムでスコアアップをサポートします。
【聞く・話す・読む・書く】
● オンライン英会話
オンライン上で、外国人講師のマンツーマン授業を受けられるサービスです。顔を見ながらコミュニケーションを行いチャット機能で文字入力を行うため、スピーキング 、ライティングのスキルを高めます。英語授業の一環や海外留学の準備、クラブ・サークル活動など、ニーズやレベルに合わせて利用できます。
【読む・書く】
● リーディング&ライティング
欧米の高等教育を受けるのに必要な、聞く・話す・読む・書くの英語4技能をバランスよく養成します。動画授業とテキストを通じて、リーディングの力をつけながら、 パラグラフからエッセイの書き方までを学習。また、ネイティブ講師の添削を通じて、レベルの高いライティングスキルを育成します。
【聞く・話す】
● リスニング&スピーキング
オールイングリッシュで学ぶ国内合宿形式の授業です。プレゼンテーションやスピーチ、ディスカッションなど、海外大学の生活のあらゆる場面を想定したカリキ ュラムで、より短期集中で口頭英語の能力を習得することが可能となります。辞書も英英辞典の利用になります。
【話す・書く】
● プレゼンテーション
英語による効果的なプレゼンテーションの手法を学びます。日本人が苦手とする人前で自分の意見を発表する機会を提供し、その内容を効果的に聞き手に伝え説得する練習を積み重ねます。スピーチ全体の構成はもちろん、効果的な言葉づかい、補足資料の使用方法、ジェスチャー、服装などについても学びます。
【聞く・話す】
● イマージョン教育
海外大学レベルの一般教養講座を、ビジネス学、教育学、心理学、法学、環境学、天文学等それぞれの分野で豊富な教育経験を有する外国人講師が指導します。専門英語 表現や、グループ討論・ペアワーク等、英語による海外大学さながらの講義を体験できます。
【聞く・話す・読む・書く】
● 短期留学
1990年より正規留学プログラムを開講し、世界中に100以上の大学とのネットワークを持つヒューマングループならではのプログラムです。1週間から参加することもで きるため、アクティビティを楽しみながら、聞く・話す・読む・書くの英語4技能を身につけます。他国の留学生との異文化交流を体験することもできます。
【聞く・話す・読む・書く】
● 海外大学現役進学
高校に通いながら、確実に海外大学の準備が整えられる教育制度です。eラーニングやワークショップを通じて、海外大学特有のカレッジスキルなどを習得します。
● ブレースメント 現在の英語力、最終出身学校での成績、希望の国・専攻・学位など、一人ひとりの希望などに合わせて、最適な海外大学を選べるようカウンセリングなどを通じて指導します。

オールイングリッシュ プログラム例

● 学内留学 学校構内にいながら年間通して海外留学と同等の英語を通して一般教養の授業を受けます。自分の学びたい方向性などを興味を持った分野の科目を学び将来の進路選択へつなげていきます。5科目(教育学・ビジネス学・心理学・天文学・環境学)を英語で学び、プレゼンテーションスキル、ノートテイキング、グループワーク等を身につけます。
● TOEFL iBT® Speaking対策 TOEFL®指導の経験のあるネイティブ講師を派遣。受講前と受講後において、受講者の「話す」「聞く」力の変容を測るテストを実施します。テストはオンラインにて生徒・学生1人につきマンツーマンで行い、結果を各自へ評価表(evaluation sheet)を作成して配布します。
● American Culture&History アメリカの政治、国内で起きている時事問題、日本とアメリカの高校や大学の違い、アメリカにある多様な文化について学びます。授業を通じて学んだ事を「発信」することが大切であり、各個人で学んだことをまとめ全員の前で発表。それに関してお互いに意見を交わします。
● Public Speech&Presentation 基礎力・思考力を習得し、パブリックスピーチ&プレゼンテーションを通して自分の意見を自分が伝えたいように発言する力を養います。少人数でクラスを構成し、1人の生徒・学生が講師とのコミュニケーションに取れる時間を増やすことに重点を置きます。授業の中で積極的に質問をしたり、講師からの問いかけに全員が応答発言する等、欧米の大学さながらの授業を実施します。視覚的な資料の見せ方、パワーポイントの資料作成も行い、足りない語彙や文法または意見の持ち方・伝え方・問題解決する力を磨きます。

お問い合わせはこちら

提供プログラム一覧へ戻る