保育・託児関連事業 埼玉県 保育士・幼稚園教諭の資質向上研修事業

委託元

埼玉県

実施内容

埼玉県保育士・幼稚園教諭の資質向上研修

■ 目的
保育所・幼稚園等に勤務する保育士及び幼稚園教諭に対し、保育所・幼稚園における様々な課題に対応し、保育の専門性を高めるための研修を実施することで、保育の質の向上に資することを目的とします。

■ 対象者
埼玉県内の保育所・幼稚園等に勤務する保育士及び幼稚園教諭

埼玉県保育士・幼稚園教諭の資質向上研修

研修カリキュラム

施設見学実習 異年齢保育や保育者配置の工夫について、現場見学を通じて学びます。ディスカッションでは、今後の保育のあり方について意見交換を行います。
子どもの感情を読み解く
アートセラピー講座
子どもが大好きな遊びのひとつ「お絵かき」の描き方や色使いなどには、そのときの子どもの心理状態や発達の目安が表れています。子どもの心身の発達や心理状態とアート活動(絵や粘土など)の関係を学び、実践的なワークを通して子どもの感情を読み解く力を習得します。
保育士・幼稚園教諭のための
ベビーマッサージ講座
オイルを使わず江戸時代から伝わる日本古来のベビーマッサージ・小児あんまを基にしたマッサージを学びます。
保育現場の働き方向上
(グループディスカッション)
「働きやすい職場環境とは」をテーマに現場で実践している取り組みを紹介しながらのグループディスカッションを行い理解を深めます。
乳幼児の心肺蘇生法 乳児・幼児に対する心肺蘇生が実践できる技術・知識を学びます。
最新の保育所保育指針、
幼稚園教育要領に基づく保育
最新の保育指針について各章の概要から、保育所保育指針に即した保育実践、平成30年度改定のポイントを理解し指針改定に伴う保育士のあり方や幼稚園教育要領に基づいた保育に関して学びます。
保護者とのコミュニケーション、
相談への対応
保育者として、子どもの発達を支え、保護者の子育てを支援する役割を果たす為、それに必要な知識と技術の習得をします。保護者との円滑な相互理解関係の構築、保護者支援をはじめ現場での対応事例(ケーススタディ)を学びます。
気になる子ども・発達障害の
理解と対応
発達障害のある子の特性から理解、対応方法を学び、保護者支援や現場での遊びを通して子どもの発達に働きかける方法を学びます。
保育者の職業倫理と配慮事項 保育者自身の性格傾向を知り、保育者としての職業倫理(モラル・プライバシー等)を学びます。また、保育者の自己管理、地域・近隣保育所等との関係についても知識の向上を図ります。
保育者の為の食育講座 穀類・畜産・野菜・魚・くだものについて、選ぶ力、食べ方、調理法、各食材の生育に関する知識や豊かな食生活を身につけ、「食の大切さ」を伝えていくための基本を体系的に修得していきます。

受託事業一覧へ戻る