学生紹介(受講生・修了生の声)

受講生・修了生がなぜ本校のMBAプログラムを選んだのか。MBA取得を通じてどのような学びがあったのか。その理由を語っていただきました。

実践に直結する勉強、
損することは何もない

国際的に通用する学位が新宿で取れる

Q:まず、ご自身の経歴や専門分野の概要をお聞かせいただけますか。

小:社会に出て約25年、ずっと広報一筋でやってまいりました。通信機器メーカーからエンタテインメント系の企業、ソフトバンクを経て、本にも書かせていただいた(『アマゾンで学んだ! 伝え方はストーリーが9割』2019年7月刊・宝島社)アマゾン ジャパンに入社。2003年のベンチャー期から丸13年、広報の立場で成長を支えてきました。

アマゾンは、書店から始まり家電、玩具、スポーツ、アパレル、消費財、デジタル、サブスクへと分野を拡大してきました。その各新規事業の立ち上げPRから長期的なブランディングに至る全過程を手がけたので、様々な形の広報業務を経験できました。その実績をもって、2017年1月5日に「A Story(エーストーリー)合同会社」を立ち上げ、企業の広報戦略・戦術策定のサポートを行う広報のコンサルティング業を始めました。

Q:MBA取得をお考えになったきっかけはどんなことですか。

小:最終的に決断したのは起業後です。仕事で経営者の方々とお話しする際、「我が社をどう見るか」とアドバイスを求められることがよくあります。そのニーズにより高い水準で応えるため、経営学のベースをきちんと身につけ、これまでの知識や経験と融合させて自分の中で体系化したい。そうすればクライアントに貢献できるだけでなく、仕事の幅も広がると考えました。

Q:数あるMBAスクールの中で、UWTSD MBAプログラムを選ばれたのは?

小:まず考えたのが、「国際社会や国際市場で通用するプログラムを」ということでした。ただ、会社経営を一度辞めて2年間留学するよりは、国内で仕事とのバランスを取りながら勉強したいと。

ただ、国内の大学院は「国際的に通用」という点で自分の目標と異なります。それに、多くのスクールが授業を行う平日の夜は、私の場合仕事で会食を入れたりするので、出席がなかなか難しい。そうした条件の中でたどり着いたのがUWTSDでした。

Q:国際的に通用する学位が取れるし、新宿だから通いやすく、土曜というのも都合が良いと。

小:受講を始めて、講師の素晴らしさも分かりました。まさに、この分野の第一人者に教わる貴重な機会です。

さらに、何にも代え難いのが、一緒に学ぶ同期生とのネットワークですね。非常に意識が高く、私と異なる分野で高い実績がおありで、「これ以上学ばなくてもいいのでは?」と思うような方々ばかり。いい意味で予想とギャップがありました。

実地の仕事にも、起業にもすぐ役立つ

Q:授業で得るものを最大化するため、どんな工夫をしておられますか。

小:私の場合、「実践」がポイントです。資料作成やフィードバックの仕方など、毎回いろいろと授業から盗ませていただき、現場で使ってみるんです。

広報の仕事は、企業のミッション、ビジョン、ビジネスモデルを踏まえた戦略的な活動が求められますから、いろんなインプットを経営視点でできると、仕事上とても有意義です。すぐに実践の機会がなくとも、「この考え方や手法は、あの企業にどう活かせるか?」とシミュレーションできる事例は多いですね。

経営やマーケティングに直接携わらない部門の方々も、仕事に役立つことはたくさん学べるでしょう。

Q:どんな分野にも活かせる、本質的なものを学ぶことができる、と。

小:例えば人事などの部門でも、会社の決算内容、お金の使い方、活用できるリソースなどを理解した方が、より有益な仕事ができるはずですよね。また、そうした思考を身につければ、自分がやりたいことが変わる可能性もあるし、キャリアパスも充実するかも知れません。いろいろ広がりができると思います。

Q:他に、授業が実際に役立っている感触はありますか。

小:実は、今の会社に加えて最近新たな起業もしました。企業の新規事業立上げの伴奏型コンサルティングを提供する会社「オールハンズ」を2020年3月に設立しました。その準備の中で、例えば今勉強しているマーケティングの「環境分析」や「STP」や「4P」などがリアルに活用できました。それがまた勉強にも活かせるという好循環になっています。起業を志す方にもおすすめですね。

アマゾンのジェフ・ベゾスさんが言った「後悔最小化構造」という考え方があります。彼が勤めていた会社を辞めて起業しようかという時、「自分が80歳になった時、できるだけ後悔の数を減らしていたい」と考えたそうです。もしチャレンジが失敗に終わっても後悔はしないが、チャレンジしなければ、後悔するだろう。それで起業に踏み切ったというんですね。

私も「アマゾンを辞めるなんてもったいない!」などと言われることもありますが、やはり歳を取ってから悔やむのは嫌でした。もし失敗しても、その後で会社員に戻るのも不可能ではないでしょうし。出来ずじまいより、「やりたい」と思った時にやるべきだと思います。

逆算思考で勉強時間を確保する

Q:日々忙しく大変な中、勉強時間をどのように確保していらっしゃるんでしょうか。

小:勉強時間、本当にないんですよね。でも、あえて言えばそれは言い訳であって、人間やろうと思えばできるんです。根性論みたいになりますが(笑)。

私の場合はジムに行くのを止めて家で筋トレしたり、土・日も勉強で構わないなと。平日も、空き時間は移動中くらいしかないので、「来週のここ、ここでやる」と予定を入れます。

アマゾンでは「逆算して考える」ことも学びました。まず「ゴール」を想定し、そこから達成のステップを逆算してプランニングする。MBAの勉強も、提出日を踏まえて「ここで分析」「ここでこういう作業」など時間配分をします。
最初に申し上げた拙著も、やはりそのように時間を確保して、少しずつ進めて来ました。

Q:とは言え、勉強の方はなかなか予定通りに終わらない…。

小:それが苦しいところ。バッファを取ることも大事です。特にソリューションを考える時間は長めに予定します。

それから、知り合いのMBAホルダーに連絡して、勉強法や考え方などのヒントを得たりもしています。
UWTSDには卒業生との懇親会もあるんですが、すごく楽しいですよ。先輩方のご活躍の様子を聞けて勇気をもらえますし、ネットワークが広がるのもありがたい。本当に、一石何鳥にもなるという実感です。

プレゼン能力のレベルアップも

Q:では最後に、受講を考えている方へのメッセージを。

小:真面目に受講を考えている方ほど、時間やお金の悩みがあると思います。

まず、先ほども言いましたが、時間は作れます(笑)。政府が「働き方改革」を推進していますし、これからの仕事は時間よりも質。仕事とのバランスを頑張る必要はありますが、MBAで自分の質を高めれば、仕事の質や効率が上がり、時間も捻出できるはず。万一MBAを取得できなくても、費やした時間は無駄にはなりません。それくらい、得るものは大きいですから。

お金は、自分の質を高めてまた稼げる(笑)。経済的な事情で迷うのが一番もったいないと思います。色々な意味で元は取れると思いますよ。

Q:時間もお金も、費やした分は取り返せる、と。

小:「自分の質を高める」と言えば、プレゼンテーション技術が身につくメリットもあります。授業の中でたくさん発表を行いますので。

「組織およびHR(ヒューマンリソース)マネジメント」の石川先生には、まさにプレゼンテーションのお手本のような指針をいただけます。「こういう所を採点します」と、懇切丁寧にポイントを教われるんですよ。これこそ、お仕事の中ですぐ活かせます。

実用的な、明日から使えるノウハウ。

小:そう。文字通り、明日から使えます。

ということで、「チャレンジしようか」と思っている方は是非始めた方がいいと思います。損することは何もありません。

Q:「損することは何もない」。力強い言葉をありがとうございました。

↓ 全文を表示
小西みさをさん

受講生

小西みさをさん
AStory(エーストーリー)合同会社 (https://www.astorypr.com/
代表・PRストラテジスト
受講期間:2019年4月〜受講中

仕事を持つ母でも学べる土曜講義。
経営実務に役立つ視点や姿勢を身につけ、キャリアの充実を。

スキルアップ、キャリアアップのために何か必要だと感じはじめたのは30代後半。ブレイクスルーのためには新しい挑戦や人脈づくりをしなければと思い、MBA取得を真剣に考えるようになりました。
ウェールズを選択した理由は、子どもがいるため平日夜間の講義は無理だったことと、英国のカリキュラムを受講できることです。講義では、得意分野の組織論やリーダーシップ論などは積極的に発言もできましたが、基礎がなかったファイナンスやアカウンティングではテキストを読み進むのにも苦労しました。
もっとも苦労したのが修士論文。なんとか乗り越えられたのは、指導教員からの適切な指導や老若男女いろいろなバックグラウンドを持つクラスメイトからのアドバイスがあればこそ。苦労した分、自信になりましたし、課題を解決していく力がついた実感もあります。
また、指導教員方からは経営者として実務的な立場で様々なことを教えていただき、経営的な視点やノウハウを学べたことは本当に勉強になりました。やはり理論だけではなく実務に役立てることが受講の目的でもあるので、それがウェールズで学んだ最大の収穫だと思います。

↓ 全文を表示
赤津恵美子さん

修了生

赤津恵美子さん
武田薬品工業株式会社
グローバルHR 人材・組織開発(日本)ヘッド

経営学を真髄まで学び、国のために活かしたい。
50歳目前にウェールズ大学院へ。

実は、MBAを取ろうと決めたのは、落選していた時です。銀行での仕事は、経営の知識を身につけるという意味で、非常に勉強になりました。身につけた知識を国家の経営にも活かしたい、そのためには、経営学を深く、徹底的に真髄のところまで学びたいと考え、MBAの取得を決めました。
学校は、世界的なネットワークを持つところへと決めていました。とはいえ、海外に留学することはできませんでしたから、世界各国に分校を置いていて、日本でも学ぶことができる英国国立ウェールズ大学大学院は理想的な学校でした。講義では、英語の資料を扱うこともありましたが、日本語で講義を受けることが出来たので、より理解を深めることができたと考えています。
クラスは、同期のメンバーに恵まれました。公認会計士や医師、薬剤師、大学の教授など、その世界の第一線で働いているプロフェッショナルな人たちがいて、忙しい時間をぬって彼らとディスカッションできたことは、私にとって貴重な経験となりました。

MBAを目指す人にアドバイス

大学院で学ぶなら、MBAが一番いいですよと言いたいですね。社会人として組織の中で生きていく上で、MBAという経営学を通じて、組織の作り方や組織運営の仕方を学ぶことは、非常にプラスになると思います。意外とそれがわかっていなくて、成功していない団体・組織がたくさんあるのではないでしょうか。
国内の企業に目を向けると、素晴らしい技術や特許をたくさん持っているのに、活かせていない。その技術や特許を社会に広めて、ビジネスとして成功するような組織を作らなくてはいけないのに、研究者は研究や発明をするだけになってしまっています。
そういう点で、見習いたいのはドイツです。人口は日本の2/3、GDPは3/4くらいなのですが、特許や眠れる技術を商品化する力が強く、優良企業といわれる会社が日本の8倍くらいあります。日本より小さい国に、なぜそのような力があるのかと言えば、やはり組織の使い方が上手いのだと感じています。また、人的ネットワークが広がることも魅力のひとつです。
環境副大臣時代にフランス・パリのOECD環境大臣会合に参加したことがあります。世界各国の大臣や閣僚級の方々は、大体MBAや修士号・博士号を取得しているのですが、私がイギリスのMBAを取得しているということを知って、スムーズに交渉に入ることができました。ほかにも、ウェールズ大学院を出ているということで、イギリス大使館のレセプションに招待され、経済・インフラストラクチャー大臣と懇談する機会をいただいたり、いろいろ面白いつながりが増えてきています。
将来的には、ウェールズ大学院の世界的なネットワークを活かして、政治・経済・文化など、皆で協力しながら、様々な分野で活躍できる体制を作っていきたいと思っています。

↓ 全文を表示
関芳弘さん

修了生

関芳弘さん
衆議院議員 元環境副大臣
自民党副幹事長 環境部会長

MBAで自分の経営スタイルを見出し、新たな起業に発展。
仕事と育児の両立経験を活かして、幸せに働ける組織支援も。

英国ウェールズ大学のプログラムを信頼

MBA取得を思い立ったのは、起業から5年ほど経った頃のことです。これまでの5年間を客観的に振り返り、自分自身の経営スタイルを見つけることを目的に、2002年からウェールズを受講しました。いろいろ検討した中で、ウェールズを選んだ理由は、国内でワーク・ライフバランスを維持しながらブランクなしで学ぶことができる上、英国のウェールズ大学による信頼性の高いプログラムだったからです。
1期生だったため、前例を知ることなく挑戦した2年間は、大いに好奇心が満たされる経験でした。今でも記憶に深く刻まれているのは、同期全員で指導教員と講義の進め方や講義の方針について話合いを行うなど、受講をより効果的なものにしたいとの思いで全員が真剣に取り組んだ日々。それも1期生ならではの経験だったのかもしれません。

修士論文執筆で得たことは、後々まで有益

社会人と学生、さらに当時は育児もあり大忙しでしたが、週末の課題に向けた日々の目標があることで、計画的で効率の良い生活を送るとができたのではないかと思っています。平日は各自で学習を進め、週末の講義ではグループワークが多く設定されて連携があり、効果的に学習と交流の両方を体験することができました。
国内外の様々なケースに触れながら、普段では味わえないディベートなどの学習方法を通して異なる立場で交わすディスカッションなどは、本当に良い刺激だったと思います。また修士論文執筆にあたり、これまでのキャリアを振り返る作業は、想像していた以上に後々にまで有益なものとなりました。
修士論文を自分の体験に基づかせるため一から書き直しましたが、自分の考えをエビデンスと検証する大切さを知る貴重な経験となり、指導教員に感謝しています。執筆に没頭しすぎて徹夜もしましたが、今ではそれも良い思い出です。

経営学で学んだ「みなが幸せに働ける」視点

MBAプログラムで修得した最大のことは、一生ものの「勉強の仕方・情報の選び方・意思決定」を学べたことです。受講により、「直感や思い」と「計画性やロジック」とのバランスのとり方も変化しました。
さらに、経済学の古典から、外部資源と内部資源について整理ができ、新しい企業支援サービスを思いついて2社目を起業するなど、思いがけない発展もありました。
現在の仕事は、企業のメンタルヘルス支援コンサルティングで、健康経営を目標としたコーディネート役に大変やりがいを感じています。
受講当時は幼かった2人の息子も成人しました。私自身の仕事と育児を両立してきた経験を活かし、これからチャレンジする方が無理なく幸せに働けるためのサポートと組織の支援も行っていきたいと思います。

↓ 全文を表示
渡邉文子さん

修了生

渡邉文子さん
日本CHRコンサルティング株式会社取締役
一般財団法人ポジティブキャリアデザイン協会代表理事

医療分野を超えて、物事の本質を見極める力、
多様な価値観の存在を認識し、生き方そのものが変化。

国内でもっともアカデミックなMBA

MBA取得を考えたきっかけは、勤務していた病院で病院経営・業務改善委員会の副委員長に任命された際に、経営学を基礎から学習したいと思ったこと。さらに、協同研究者の医師がMBAホルダーで、一般の臨床医とは異なる幅広い視点を持つことに敬意を覚えたことが契機となりました。医師のキャリアを中断したくなかったため、国内MBAを選択。ウェールズを選んだ理由は、グローバルMBAであることと修士論文を課していることなどから、国内でもっともアカデミックだと考えたからです。

勤務との両立で苦労も、素晴らしい学びの日々

初めの1年間のGeneralの講義は企業視点の内容で、医療の世界しか知らない私にとってはなにもかもが新鮮な学びでした。医療経営学のプログラムでは、多様な職種の同級生や指導教員と、医療経営について深く議論できたことが素晴らしかった。MBAの学びによって医療現場の問題点を解決したいという情熱を持った多くの同級生から刺激をもらいました。受講した2年間、講義の予習復習と個人課題、3ヶ月ごとの定期試験と、週末をすべてMBAの学習に費やし、医学の学会発表は全く行えませんでした。
勤務医との両立で、患者さんの急変で講義中に呼び出されたり、グループ課題の協同作業時間の調整に苦労したり、日々の睡眠時間は4~5時間という状態。しかし、もっとも苦労したのは修士論文の執筆でした。多くの文献を読破して、勤務と並行しながらの執筆は辛かったのですが、その過程で得た知識は血肉となっていますし、教員方の丁寧な指導に感謝しています。

医療現場や病院経営にもMBAの知識が役立つ

仕事との関連においては、病院経営の最大の課題は人のマネジメントですから、人的資源管理や組織行動論などの基礎的なMBAの知識が役に立っています。また、交渉とは相手を打ち負かすのでなくWin-Winの関係を持つことだと学び、チーム医療や医療連携を考える上で参考になりました。
製薬企業と共通の言語で話ができることも有益です。しかしそれ以上に、経営学は利益を上げるための学問ではなく、「すべてのステークホルダーを幸せにするための手段」だと理解できたことや、異職種の教員や同級生との出会いは一生の財産です。また物事の本質を見極める力や、多様な価値観の存在を認識し、生き方そのものが変わりました。今後も臨床研究のみならず医療経営学にも携わり、ウェールズで得た知識を活かして、医療に関わるすべてのステークホルダーを幸福にできるよう努めていきます。将来的には医学部の大学院に医療経営学のMBAの講座を開講し学ぶ機会をつくっていくことが目標です。

↓ 全文を表示
角田圭雄さん

修了生

角田圭雄さん
愛知医科大学内科学講座 肝胆膵内科学准教授(特任)
独立行政法人市立大津市民病院理事
関西学院大学大学院経営戦略研究科 医療経営プログラムの非常勤講師
一般社団法人日本医療戦略研究センター(J-SMARC)創設

十分に他校と検討を重ねた後に、選択。
実践経験豊富な仲間に刺激を受け、経営に対する自信と、発想力を体得。

メーカーの技術職として品質管理や生産技術、商品企画に従事していた私は、上級管理職を間近にした頃、これまでに身につけたビジネススキルの答え合わせをしたい、ロジカルな思考を高めたい、そんな衝動に駆られ、MBAを学びたいと思いました。
まず“働きながら通学できる”選択肢の中から、各校の説明会や体験授業、卒業生との交流会に参加。カリキュラムと校風を把握することに数ヶ月かけ、最終的に選択したのがウェールズ大学です。体験講義が最も刺激的であったこと、実践経験豊富な学生が多いことに惹かれて入学を決意しました。
MBAを学んで得たことの中で最大の収穫は、経営に対して自信がついたこと。ビジネスをロジカルに学び、経験値の誤りを修正しながら、すぐに実務に活かすことができましたし、会社経営に対する理解が深まったことで業務に対するモチベーションも高まりました。
もうひとつ大きかったのが、刺激的な学友たちとの交流。会社の外の視点を吸収できたことでキャリアに関する視野が広がり、“新しいビジネスアイデアを発想する力”もレベルアップしたと実感しています。

↓ 全文を表示
上原秀教さん

修了生

上原秀教さん
株式会社レグリンク
代表取締役

医療法人を設立。
より専門性の高い医療経営を学ぶため、
大学院に進学しました。

結婚、出産後、子育てが落ち着き、2011年、医療法人を設立。理事に就任。その後、ウェールズ大学大学院に入学。2017年6月、UWTSDの経営学修士号を取得。

入学した理由は?

もともと興味のあった経営学を専門的に習得したいと考え、より専門性の高い医療経営を学べる大学院を選択しました。他大学院と比較検討し、授業内容に特色があると感じました。週1回という集中講義も魅力的でした。性格的に通信制は挫折しやすいと考え、通学制の大学院を選択しました。ウェールズ大学は、医療系の講義が多く、医療法人を運営する上で、実務と理論を学べて更には仕事を中断せず通学できることから、この大学院を選択しました。

学びの中で得たものは?

交渉学の教授に修士論文の指導を受け「電子カルテ使用時、医師の対面方向が患者に及ぼす影響に対する研究」を論述しました。これは医療交渉学、医療コミュニケーション学を用いた手法で述べた論文です。これを学ぶ過程で、多くの新しい人間関係が得られました。社会人になってから改めて学ぼうとする人たちは、意欲的な人が多く、大変刺激的でした。

オススメ科⽬は?

【交渉学】

交渉心理学、脳科学といった科学的な学問に基づき、すべての交渉戦略をたてる上の基礎となるノウハウを学びました。また、自身の修士論文の題材を見つけた学問でもありました。。

【経営戦略論】

高度な経営戦略理論の解説があり、様々な業種で具体的に、どのような手法が用いられていくかといったディスカッションが行われました。

理論的に戦略を立てる訓練ができるようになり、有意義な授業でした。

【組織行動論】

組織行動論とは、組織内で人々が示す行動や態度についての体系的な学問です。
よりよい組織づくりを行っていく手法を理論的に学べ、実務でのアイディアを多くもらえた有意義なクラスでした。

お金のやりくり方法

学費は医療法人から負担してもらいました。組織行動論や人的資源管理を通して、組織を構築する上で大事なポイントを『教育への投資』だと考え、きちんと社則に掲載できるよう制度化しました。

↓ 全文を表示
相原嘉子さん

修了生

相原嘉子さん

企業の意思決定で最も大切なファイナンスやHRの知識の構築が、ウェールズで学んだ最大の収穫。

企業の意思決定で最も大切なファイナンスやHRの知識の構築が、ウェールズで学んだ最大の収穫。2012年に現在の会社に転職。本社にレポートラインを持つジェネラル・マネージャーのポジションで、自分のバックグランドとは異なる部署の部下たちと円滑に業務を推進していくためには本格的にビジネスマネジメントを学ばなくてはと痛感し、MBA取得を決意。
イタリアの本社にはMBAホルダーが多く、グローバルにビジネスを進めていくために同等のディレクション力を持つ必要性も感じていました。2013年に入学し、多様な職業の方々と巡り会えたことも良かったと思っています。修士論文には苦労しましたが、クラスメートと励まし合って乗り越えました。結果は一番評価の高い「Distinction」を得ることができて、全ての苦労が報われました。

ウェールズで学んだ最大の収穫は、ファイナンスとHR(人的資源管理)の知識が構築ができたこと。これは、ひとつのマーケットを任されているトップという立場として、企業を継続させるための意思決定で最も大切な知識です。
共通言語を持てたことで、情報収集においてその質を見極める視点など格段に成長しました。また、他の授業を通してビジネスマンステイタスや今後の戦略立案にどのフレームワークを使うべきかなど、手の内がたくさんできたと実感しています。

↓ 全文を表示
堀田律子さん

修了生

堀田律子さん
YOOX NET-A-PORTER GROUP
日本支社ジェネラルマネジャー

業種も年齢も多様なクラスメートと共に学び、語り、高め合った2年間。現在も続くつながりは大きな財産。

外資系企業で長く働いてきて、同じ業界の外で自分がどれだけ通用するかを考えたとき、ビジネスマンとして新たな知識や学位の必要性を感じ、2004年10月から2年間ウェールズで学びました。
最も魅力を感じたことは、同期の仲間が仕事も年齢層もバラエティに富んでいた点。他業種の人と対話することは常に刺激的で、新たな見識も得られました。授業後や試験後の飲み会は大変有意義で楽しく、同じ苦労を乗り越えた仲間意識は、なにものにも代え難い。現在も続く同窓生とのつながりは極めて大きな財産です。だから、よくMBAはドライで数字第一主義と言われますが、実際に学んでみてまったく違うと感じました。

平日の帰宅後の学習が中心でいつも寝不足気味でしたが、学位授与式にカーディフに行くことをモチベーションにして、タイムマネジメントと家族の協力で乗り切りました。
卒業式は一生の思い出であると同時に、自分がやり遂げた証でもあり、その後の自信にもつながりました。日本法人のジェネラル・マネージャーで全体をみる立場として、経営の知識はもちろん、物事を大局的に捉える考え方やロジックは非常に役立っています。

↓ 全文を表示
高橋伴明さん

修了生

高橋伴明さん
スペクトラ・フィジックス株式会社
日本法人 ジェネラル・マネージャー