コミュニケーション研修 ②
アサーティブ B012
コミュニケーション

対象者

【部門・職種】営業・販売・サービス / 労務・人事・人材開発
【階層・対象】新人・内定者 / 若手・中堅・新任リーダー / 外国籍社員

標準日程 1日(6時間)または2日(12時間)

B012 コミュニケーション研修 ② アサーティブ

異なるミッションを持つ様々な部門同士が、お互いの主張や役割を理解し、日々効率的に業務を行っていくためには、コミュニケーション能力を高める必要があります。特に相手の言いなりになったり、逆に自己主張ばかりすることがないよう、互いを尊重し合いながらコミュニケーションをとることが必要です。相手の話を傾聴した上で、上手に自己の意見を主張できるようになることで、円滑なコミュニケーションの実現へ近づけることを目的としています。

プロジェクト人材育成

研修目的

  • 「相手の話を聴いている」ことを示す手法を学び、相手との関係性を作ります。
  • 相手が不快にならない伝え方、手法を学びます。
  • ケーススタディをもとにロールプレイを行い、学んだ手法から実践的なアサーティブな対応を身につけます。

カリキュラム

1.オリエンテーション
2.コミュニケーションの流れと実際
3.聴き上手になるための実践スキル
4.対人関係能力の向上
5.まとめとフィードバック

<プログラムの特徴>
● プロセスに沿った演習(ワーク)を多く導入し受講者本人がその効果について実感をもって習得する
● 実際の活動を基にした演習内容
● グループ演習を中心に構成しチームワークを強化していく
● 経験豊富な講師による講義
<受講後の到達点>
● チームメンバーの長所や短所を見つけコミュニケーションをはかることができる
● チームワークが仕事で達成できる近道のひとつであることが理解できる
● 自分の要求と感情を適切に表現する方法ができる

研修サービスTOPへ

一覧ページなど、一つ前のページに戻る場合はブラウザの「戻る」ボタンを押してください

HABSとは

top