MBA Essentials Ⅲ B006 経営・マネジメント

開催場所 東京
対象者

管理職、経営者・経営幹部

所要時間 1テーマあたり2時間 ※ 所要時間は目安です。カスタマイズ可能です。

B006 MBA Essentials Ⅲ 経営・マネジメント

MBA Essentialsは、HABS MBAプログラムのコア科目の中から「ビジネスに役立つエッセンス」をピックアップし、4つの科目カテゴリに分けて全64テーマ(1科目カテゴリあたり16テーマ×4)で構成しています。多彩なテーマラインナップから強化したい領域のスキルや知識に焦点を当てて自由に選択でき、最短4日で完結する画期的な凝縮型MBAプログラムです。階層ごとに事例と課題を用意していますので部門・職種・役職を限定せず、すべての方に受講していただけます。

4つの科目カテゴリのうち『Ⅲ 経営・マネジメント』では、「経営(マネジメント)・イノベーション」の切り口からビジネスに必要な実践力を養います。

カリキュラム

■ Unit-1

fefd41701846cce487148cd5fe067636_l.jpg

計画を確実に実践するための原理原則があります。カギとなるのは「時間」です。また、企業課題の多くが「ミドル・マネジメント」に集積されており、ここが活性化することで、組織が連携し、変革の実現力が高まります。

01. マネジメントヒエラルキー
02. 制度設計と運用
03. 徹底実践のマネジメント
04. ミドルマネジメント論

■ Unit-2

be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_s.jpg

管理とは、数字を見ることではなく、「対策の有効性をはかる」ためのものであり、目標管理が「対策管理」として機能すると、目標の浸透と実践=PDCAサイクルがまわるようになります。さらにミンツバーグは、マネージャーの仕事の大半はコミュニケーションだと分析しています。「円形組織」から発展した「アドホクラシー」型の組織構成であることが高く評価され、日本経営品質賞を受賞した企業の実例もあります。

05. コーポレートガバナンスの本質
06. 目標管理
07. コーポレートメトリクス
08. 2時間で学ぶH.ミンツバーグの経営論

■ Unit-3

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s.jpg

ITの進化により様々な業務のシステム化が可能になりました。トヨタでは「手作業でできないものはシステム化しない」という方針をもって改善は先に手作業で行い、改善後の作業工程をシステム化します。あくまでも改善は人の手で行っています。業務改善の本質とは何か。働き方改革をもたらすのは生産性向上であり、生産性向上をもたらすものが業務改善です。

09. ナレッジワーカーの生産性
10. ナレッジワーカーの業務改善
11. 働き方改革
12. ストレスマネジメント

■ Unit-4

920e4c65fea95eaa0d77c7b7fcf892fe_m.jpg

リスクの怖さは「見えない」ことです。そのためにリスクを定量的に視覚化する「エクスポージャー」があります。リスクのない経営はありません。リスクマネジメントは経営層だけでなく全員が理解していることが重要です。プロジェクトマネジメントの原理を学び、『プロジェクトマネジメントチェックリスト』を使用して、リスク要因を「ハザードの段階で抑えるか」、「エクスポージャーで抑えるか」、素養採点を実践します。

13. リスクマネジメント (1)
14. リスクマネジメント (2)
15. プロジェクトマネジメント (1)
16. プロジェクトマネジメント (2)

研修サービスTOPへ

一覧ページなど、一つ前のページに戻る場合はブラウザの「戻る」ボタンを押してください

HABSとは

top