文章作成能力研修 B057
伝達力・表現力・交渉力

対象者

【部門・職種】労務・人事・人材開発 / 営業・販売・サービス
【階層・対象】新人・内定者 / 若手・中堅・新任リーダー / 管理職

標準日程 半日(4時間)または1日(6時間)

B057 文章作成能力研修

文章読解・作成能力検定対応プログラムです。検定に向けた学習を通して、文章読解・作成能力を段階的に高められる仕組みになっています。文章読解・作成能力検定は、文章読解力および文章作成力をどの程度身につけているかについて級別の認定を行う、いわば能力を「測る検定」であり、「育てる検定」でもあります。文章読解・作成能力を「基礎力」「読解力」「作成力」の3分野に分類し、それぞれの知識・能力を測定します。そのため、自分の得意・不得意分野を知ることができ、必要に応じて分野ごとに学習することも可能になります。

プロジェクト人材育成

研修目的

  • 日本語の基礎的な言語知識と運用能力を身につけます。
  • 文章や資料を読解・情報処理する能力を身につけます。
  • 文章を作成するための思考力と表現力を身につけます。

期待される効果

  • 文章力や論理的思考力を高め、コミュニケーション力を高めます。

カリキュラム

1.文書作成への抵抗をなくす
  要約の基礎を身につける
● 文章を書くことの意義
● 文章検について ● 自己紹介「自分にとっての企業理念」
● 要約の練習 ● 要約の練習
● 自己評価
● 解説
2.作成力が中心の「通信文」と「論説文」
  についての基礎を身につける
● 通信文の練習と解説 ● 通信文の練習をする(形式を理解)
● 解説
 ① 形式 頭語・結語・時候の挨拶・記書き等
 ② 企業特有の挨拶・用語等
 ③ 敬語・配慮表現
● 論説文について ● 論説文の型の意義を説明する
● 2級の論説文の型を説明する
● 作成例を例に注意点を説明する
● 模擬問題に取り組み、アウトラインを作らせる
● 自己評価ないし、交換して評価ポイントをチェックする
3.検定対策 ● 推敲 ● 推敲のポイントを説明する
● レポートの構成 ● レポートの基本的な型を説明する
● 検定問題全体を通して注意点を説明
文章読解・作成能力検定2級受験

研修サービスTOPへ

一覧ページなど、一つ前のページに戻る場合はブラウザの「戻る」ボタンを押してください

HABSとは

top