KJ法で学ぶ真因分析と対策 M002
ビジネスの基本動作

M002 KJ法で学ぶ真因分析と対策

分析とは、分解・図解・例解であり、このプロセスにはKJ法が効果的です。付箋に書き込み、図解する、そしてまた書き足す、を繰り返すグループKJ法を使って問題を明らかにし、それを定量化して優先順位を定めながら対策を練るトレーニングです。

ベーシックスキル(ビジネスの基本動作)
カリキュラム ① 時間と数の基本原則
② 書き出し
③ 図解
④ アイデア追加
⑤ システム思考
⑥ 真因の発見
⑦ アイデアビット
⑧ 構造化
⑨ 優先順位
標準日程 1日(6時間)
または
2日(12時間)

研修サービスTOPへ

一覧ページなど、一つ前のページに戻る場合はブラウザの「戻る」ボタンを押してください

HABSとは

top