グローバル人材育成

問題背景と課題本質

世界市場をターゲットにしてこそグローバル人材は育つ

グローバル人材がなかなか育たない、育成が難しいといった声をよく聞きます。日本企業の多くはターゲットとする市場を日本国内に定め、日本でビジネスを展開するために必要な人材を獲得し、教育をしています。その後、海外進出などを行うことが決まり、海外事業を進めるのに必要な人材を育てようとします。

一方、欧米や中国の企業は自分たちが戦う市場を最初から世界全体ととらえているため、世界のなかで自分たちのビジネスを推進するためにはどうしたらよいか、という意識を軸に企業活動を展開しています。グローバル人材を意識的に育成するというよりも、そうした人材が自然と育つ環境にあります。この違いにこそ、日本企業におけるグローバル人材育成の課題の本質があるのです。

グローバル人材の育成といったときに必ず議論となるのが語学です。上述の通り、日本企業は日本を市場として考えることが多いため、ビジネスにおいても母国語である日本語が扱えればよいわけです。語学の習得にも、能動的に取り組まない限りビジネスレベルの英語力を身につけることはできません。これでは英語を扱える人材が育たず、グローバルにうって出るのは難しいでしょう。他方、海外の企業では多国籍な環境も珍しくないため、英語ができなければ仕事ができません。そもそもが英語を学ばざるを得ない環境なのです。

このように、事業を展開するにあたり、見据えるマーケットの違いが、グローバル人材育成の問題の背景に横たわっているのだと考えられます。

解決と効果

グローバルで成功するための鍵は「ローカル」にある

グローバル人材の育成にあたっては、他国の企業と同様に、世界全体をマーケットとしてとらえ、世界を舞台に事業展開するにはどういった人材が必要なのかということを明確にする必要があります。

一方で、「ローカル」に対する意識もグローバル展開するにあたり、大切にしなければいけません。グローバルとローカルは一見相反するもののようにも見えますが、特に近年、徹底的にローカライズされた地域密着型の商品が、その地域を超えてグローバルに浸透していくという事例を多く見かけるからです。

従来のビジネスモデルは、先進国で成功した製品やサービスを途上国に展開するといったものが主流でした。しかし先進国のそれは途上国の経済のなかでは一般消費者の手が届かない価格になることも多く、一部の富裕層のみを対象とした限定的なビジネスになりがちです。

また、昨今では、1つの製品でも各地域の文化に合う形にカスタマイズしなければ現地で受け入れられにくくなっています。そうした理由から、最近は製品やサービスのローカライズが強く求められており、逆にグローバルで人気を得るといったことが多く起こっています。

したがって、グローバルで活躍する人材を育成するためには、ローカルな人々と交流し、そこでヒットしているものを探し出せる人材を育てるということになります。ローカルの空気を肌で感じて、多様性を感じ取れる人材が、グローバルで成功するための人材といえるでしょう。

研修サービスTOPへ

HABSとは

top