IoT開発エンジニア短期集中育成講座 #技能育成 #IoT

所要時間 20日間(eラーニング学習:15日+集合研修:5日)

IoTデバイス開発の核となるPython・Raspbery Piを短期間で習得し、業務でのソフトウェア開発未経験者を対象としたエンジニア育成研修です。

研修目的

  • コンピュータの基礎を学んだ上で、Linux上でC言語のプログラミングを行います。
  • リアルタイム制御やネットワーク、セキュリティ、設計方法など、IoT開発に必要な技術、開発手法を習得します。
  • IoTデバイス開発での核となるPythonを習得し、Raspbery Piを用いて、設計、Pythonでの実装、テストまでの一連のソフトウェア開発作業を通じてセンサーロボット開発を行います。

カリキュラム

1.オリエンテーション・ロジック学習
・表現対象を論理的に分析し、そのロジックをフローチャートで表現する方法の基礎を習得する

2.eラーニング学習:15日間
・プログラミング実習(Linux・C言語・MISRA-C):6日間
・Iot技術基礎講座(論理数学・コンピュータの基礎):3日間
・Iot技術応用(リアルタイム制御・ネットワークセキュティ):2日間
・Iot開発手法(設計技法・テスト技法・デバック技法):2日間
・Python演習(Python・データ解析ライブラリ):2日間

3.センサーロボット開発学習 ① Raspberry Pi 演習
・Raspberry Piの仕組みと使用方法を習得する
・Raspberry Pi でプログラミング

4.センサーロボット開発学習 ② Python演習
・Pythonの基礎文法を修得する
・ロボットの制御方法の基礎を理解する

5.センサーロボット開発学習 ③
・設計
 ・与えられた課題を解決するために必要な機能を洗い出し、機能毎の仕様を設計する
・実装
 ・設計した機能をグループで分担して実装する
 ・各自のプログラムを結合して、動作確認を行う

6.センサーロボット開発学習 ④ 成果発表
・作成したプログラムとロボットを発表する

一覧へ戻る

HABSとは

お役立ち情報

top